2012年10月15日

壱岐旅行より1年

昨年の今頃は、
壱岐旅行でした。
Iki_0267k.JPG
楽しい思い出が残りました。
Iki_0619k.JPG
あれから1年が経ちました。

Iki_0792k.JPG
親切なバスガイドさん、
元気でしょうか。

魚

ニックネーム かつお at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

壱岐社内旅行 最終回:2日目後半

一ヶ月前の今日は、
壱岐社内旅行の2日目でした。

それでは、10月15日(土)の
壱岐社内旅行2日目のつづきです。
Iki_0696k.JPG
はらほげ地蔵の次に行ったのは、
男岳大明神でした。
Iki_0701k.JPG
こちらの神社、おもしろいですよ!!!
こちらは、
「見ザル、言わザル、聞かザル」の像です。
お猿さんたち、かわいいでしょう!!!
Iki_0700k.JPG
他にもお猿さんたちの像がたくさんあります。
Iki_0699k.JPG
こちらの親子猿、私のお気に入りです。
Iki_0705k.JPG
本殿に行く途中、
パワーストーンがあります。
Iki_0702k.JPG
みなさま、縁起担ぎで、
パワーストーンに手を触れていました。
Iki_0707k.JPG
お参りをした後は、
Iki_0721k.JPG
12時半、壱岐牛のレストランで昼食でした。
Iki_0719k.JPG
私が食べたのは、石焼ビビンパでした。
壱岐牛はやわらかくて
おいしかったですよ〜♪
Iki_0727k.JPG
昼食後、13時半に向かったのは、
Iki_0732k.JPG
一支国博物館でした。
(いきこくはくぶつかん)
Iki_0733k.JPG
こちらの博物館は広くて、
Iki_0735k.JPG
壱岐で発掘された、
古代の出土品などが展示されていました。
(撮影可能は一部のコーナーのみ)
また、撮影禁止コーナーには、
古代の壱岐を紹介している、
ジオラマが展示されております。
Iki_0740k.JPG
こちらは博物館の展望台から見た風景です。
見ての通り、平野が広がっております。
Iki_0759k.JPG
15時過ぎ、博物館近くにある、
原の辻遺跡へ行きました。
(はるのつじいせき)
Iki_0761k.JPG
こちらは古代人のお住まいです。
古代の人たちは、
このような生活をしていたのですね。
Iki_0765k.JPG
私たちは興味深く、
古代人の住居を見物していました。
Iki_0791k.JPG
15時半から16時15分まで、
おみやげ店でおみやげを買って、
Iki_0792k.JPG
16時半、郷ノ浦港に到着。
親切なガイドさんとはここでお別れです。
ガイドさんのおかげで、
楽しい壱岐旅行となりました。
Iki_0802k.JPG
17時、高速船ヴィーナス2に乗船して、
壱岐・郷ノ浦港を出発、
Iki_0821k.JPG
1時間後の18時ちょうどに博多港へ到着、
Iki_0822k.JPG
最後のあいさつを終えて、
2日間の壱岐社内旅行は無事終了しました。
本当に最高の旅行でした。

魚

ニックネーム かつお at 18:00| Comment(42) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

壱岐社内旅行 第6回:2日目前半

さて、10月15日 土曜日、
Iki_0544k.JPG
ホテルで朝風呂、朝食、
Iki_0580k.JPG
散歩が済んだら、
Iki_0592k.JPG
9時にホテルを出発、
2日目の観光が始まりました。
Iki_0596k.JPG
風光明美な海岸を通ると、
Iki_0601k.JPG
9時20分、
壱岐の西部にある、
黒崎砲台跡に到着しました。

こちらの砲台は、戦前、旧陸軍が、
旧海軍の軍艦「土佐」の砲塔を転用して、
対馬海峡を通過する敵艦を砲撃するため設置されました。
こちらの砲台、訓練で発砲しただけで、
終戦後、米軍によって解体されました。
Iki_0603k.JPG
こちらは砲弾、
左が黒崎砲台のもの、
右が戦艦大和のものです。
共に左側にいる
バスガイドさんよりも大きいです。
Iki_0614k.JPG
こちらは砲台の跡です。
けっこう深かったです。
深さ10メートル以上はあったようです。
Iki_0613k.JPG
まわりの人たちと見比べても、
砲台の大きさがわかります。

Iki_0619k.JPG
次は、黒崎砲台跡のそばにある、
猿岩を見物しました。
Iki_0621k.JPG
見ていると、
お猿さんにそっくりですね。
Iki_0643k.JPG
次に10時10分、
壱岐の中部にある、
鬼の窟
(おにのいわや)に到着、
Iki_0647k.JPG
こちらは古墳です。
壱岐は古墳が多い島ですよ。
Iki_0659k.JPG
10時30分、
月読神社でお参り、
Iki_0668k.JPG
10時55分、
壱岐の東部にある、
左京鼻に到着しました。
Iki_0671k.JPG
壱岐の島の端っこにある岬です。
Iki_0673k.JPG
まさに岬って感じでしょう!!!
Iki_0676k.JPG
こちらは岬の先端です。
Iki_0676kb.JPG
ここから島が見えました。
こちらの島は小呂島
(おろのしま)です。
小呂島は小さな離島ですが、
こちらは福岡市西区に属しております。
壱岐の近くに福岡市の島があるので、
壱岐が福岡に近いという事が、
よくわかりますね。
Iki_0675k.JPG
さて、私は断崖絶壁に立ちました。
けっこう高い絶壁でしたが、
海面が近かった感じでした。
Iki_0684k.JPG
本当に広い海を見渡せますよ!!!

Iki_0691k.JPG
11時20分、
左京鼻の近くにある、
はらほげ地蔵を見物。
Iki_0690k.JPG
こちらのお地蔵さんたち、
海につかってますよ。
こういうお地蔵さん、
めったに見れません。

なぜ海につかっているかとういと、
満潮時だったからです。
干潮時は台座ごと姿を現しますよ。

はらほげ地蔵は、海に遭難した人たちや、
疫病で亡くなった人たちの供養で建立されたとの事です。

壱岐社内旅行の話題は、
次回につづきます。

魚

ニックネーム かつお at 10:10| Comment(38) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

壱岐社内旅行 第5回:壱岐で見たもの

それでは壱岐で見たものを紹介いたします。
Iki_0420k.JPG
こちらは松永安佐エ門記念館で撮影した、
西鉄の路面電車です。
Iki_0426k.JPG
こちらは1979年(昭和54年)まで
運行していた、
福岡市内線の電車です。
まさか、ここで対面するとは思いませんでした。
Iki_0418k.JPG
こちらは側面についている、
西鉄マーク(旧)です。
路面電車は私が小学生まで乗ってましたよ。
Iki_0686k.JPG
こちらは左京鼻の公衆トイレで見た、
福岡市水道局の節水マークです。
なぜ、壱岐のトイレにあるのかは定かではありませんが、
壱岐出身の福岡市の関係者が付けたと言われております。
Iki_0411k.JPG
次に焼酎工場の売店で見た、
「長崎旅博覧会」のポスターです。
こちらの博覧会は、
今から21年前に行われました。
Iki_0412k.JPG
注目してもらいたいのは、
こちらの日付です。
な、なんと、
「昭和65年8月3日→11月4日」と、
表示されております。
昭和65年」とは、
1990年、つまり平成2年の事です。

こちらのポスターは、
昭和の時代に印刷されたもの思われますが、
未だに展示されている自体が、
超おどろきでした!!!

Iki_0301k.JPG
最後に初日、
昼食を食べた食堂に貼られていた、
感動的な言葉を紹介いたします。
Iki_0302k.JPG
人の気力は目に出る
生活は顔色に出る
教養は声に出る
秘められた感情は口元に出る
そして悲しみは顔色に出る
Iki_0303k.JPG
出来る出来る必ず出来る
やる気があれば必ず出来る
出来ないと思えば出来ない
出来ないと考えず出来ると信じ
永遠に自分は進歩したい
出来る出来る必ず出来る

こちらの2点は、
生きるにあたって、
自分自身を省みる、
もしくは目標を目指すときに
当てはまる標語と言えます。
みなさまも
読んでみてはいかがでしょうか。

壱岐社内旅行の話題は、
次回へつづきます。


魚

ニックネーム かつお at 08:00| Comment(36) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

壱岐社内旅行 第4回:壱岐という島

さて、第2日目の話題に入る前に、
壱岐を紹介いたします。
Iki_0317k.JPG
壱岐の自動車をご注目下さい。
Iki_0576k.JPG
見ての通り、
壱岐は長崎県に属しますので、
車は長崎ナンバーです。
こちらは私が昨年行った対馬同じです。
バスガイドさんも、よくお客様から、
「壱岐は長崎ナンバーが多い」と
質問されているとの事です。
Iki_0592k.JPG
こちらは私たち一行が乗車した観光バスです。
ガイドさんの話だと、
壱岐の住民のみなさまは
運転免許証を取得するときは、
月2回、壱岐警察署で試験を受けます。
それでも急いで取りたいときは、
飛行機に乗って、
本土の長崎県大村市にある、
長崎県運転免許センターに行かないといけません。
間違っても福岡市南区花畑の免許センターでは受けられません。
(こちらは福岡県のもの、運転免許は同じ県内で取得)
Iki_0451k.JPG
壱岐は車社会だそうです。
一家に1台でなく、一人1台だそうです。
島には鉄道路線もなく、少ないバス路線があるのみです。
上の写真は郷ノ浦港です。
郷ノ浦港の駐車場には、
フェリーや高速船に乗って、
福岡市内へ出掛けた
住民の車が駐車しております。
Iki_0579k.JPG
こちらはホテルのそばにある
漁港で撮影したイカ釣り漁船です。
網で見えにくいですが、
漁船に「NS2-XXXXX」と表示されています。
「NS」は長崎県に所属する漁船という表示です。
ちなみに福岡県は「FO」です。

壱岐は九州本土の
佐賀県東松浦半島(唐津市)より約20キロ、
福岡市より北西に約80キロと、
どちらかといえば福岡や唐津に近いのですが、
江戸時代までは壱岐国で、
平戸藩(現在の長崎県平戸市)に所属したため、
長崎県に所属しております。
ちなみに壱岐と同じ県内の対馬とは、
約50キロ以上離れております。
(対馬はどちらかと言えば韓国の釜山に近い)
Iki_0584k.JPG
こちらはホテルの近くにあるトンネルです。
長崎県ではトンネル完成時の県知事名で
看板を表示しております。
Iki_0436k.JPG
壱岐は福岡と長崎のテレビ局を
同時に受信できます。
こちらはFBS福岡放送
Iki_0437k.JPG
こちらは、NIB長崎国際テレビ
FBSとNIBは、
共に日本テレビ系の放送局です。
Iki_0439k.JPG
次にこちらは福岡のRKB毎日放送
Iki_0438k.JPG
こちらはNBC長崎放送
RKBとNBCはTBS系の放送局です。

壱岐は長崎県内ですが、
福岡に近いので
福岡の放送局全部受信できます。
また、長崎の放送局全部も、
壱岐を放送エリアにしているので、
テレビの視聴には困らないとのことです。
ガイドさんの話だと、
壱岐のみなさまは、
ほとんど福岡の放送を見るのが多いとの事です。
これは、本土の長崎県内よりも、
本土の福岡県内に出かけるのが多いので、
福岡情報を放送する
福岡の放送局を重視するとの事です。

魚

ニックネーム かつお at 00:00| Comment(30) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月29日

壱岐社内旅行 第3回:ホテルで一泊

さて、10月14日(金)、
初日は雨天でしたので、
Iki_0551k.JPG
16時30分に宿泊先の
ビューホテル壱岐にチェックインした、
私たち一行は、
Iki_0466k.JPG
さっそく部屋に入りました。
部屋は3人部屋で、広かったですよ。
Iki_0451k.JPG
部屋からは郷ノ浦港が見えます。
部屋に入った時、
乗ってきたフェリーが停泊していました。
フェリーちくしは、私たちが風呂へ行く時、
博多港へ向けて出港しました。
Iki_0467k.JPG
風呂から出て、部屋で休んだ後、
19時より大広間で宴会でした。
Iki_0472k.JPG
宴会では刺身の山盛りなど、
豪華な料理が出ました。
Iki_0485k.JPG
こちらは生うにです。
特別なスプーンを使って、
殻の奥にある生うにをすくって食べます。
Iki_0526k.JPG
宴会は飲んで歌っておしゃべりして、
21時半までつづきました。
Iki_0466k.JPG
宴会が終わった後、
22時に就寝しました。
Iki_0544k.JPG
翌朝、10月15日(土)は、
7時に起床して、
朝風呂に入った後、
7時半朝食を食べました。
Iki_0580k.JPG
朝食後は、ホテルの前を散歩、
郷ノ浦港は漁港です。
私たちは9時の出発まで、
散歩など自由に過ごしました。

魚

ニックネーム かつお at 21:40| Comment(30) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月24日

壱岐社内旅行 第2回:初日の観光

さて、10月14日(金) 12時20分に
壱岐へ到着した私たち一行は、
Iki_0279k.JPG
バスに乗って、
Iki_0301k.JPG
食堂へ移動しました。
Iki_0295k.JPG
こちらが昼食のうに丼と
あおさ入りの味噌汁でした。
とてもおいしかったですよ!!!
Iki_0306k.JPG
こちらが実物のうにです。
Iki_0318k.JPG
食事が済んだら、こちらへ移動。
Iki_0322k.JPG
14時に勝本のイルカパークへ到着、
Iki_0323k.JPG
イルカが微笑んでますね♪
Iki_0336k.JPG
ここでイルカの餌付けショーを見ました!!!
Iki_0339k.JPG
イルカが元気よくジャンプしました。
Iki_0355k.JPG
なお、私が撮影出来たイルカたちは、
水面に姿を出しているのが多く、
ジャンプしている姿は2枚目のみでした。
Iki_0400k.JPG
それから14時40分から15時30分までは、
焼酎工場の見学。
Iki_0371k.JPG
こちらは全国的に有名な、
壱岐っ娘」でおなじみの
壱岐の蔵酒造の工場を見学しました。
Iki_0386k.JPG
こちらは工場のライン、
Iki_0387k.JPG
焼酎はこのようにして作られております。
Iki_0404k.JPG
見学後は、おみやげ店で、
焼酎を買ったり、試飲したりしていました。
私も飲みましたが、
飲みやすくておいしかったですよ♪
Iki_0428k.JPG
その後は、松永安佐エ門記念館を見学。
こちらは電力王と言われた、
壱岐出身の松永安佐エ門
記念して設立されました。
また、ガイドさんの話しによると、「離島で最初に電気が開通したのは松永安佐エ門のおかげで、壱岐が初めて」とのことです。
Iki_0320k.JPG
本来なら神社1ヶ所にも
立ち寄る予定でしたが、
初日は雨天でしたので、
Iki_0551k.JPG
16時30分に宿泊先の
ビューホテル壱岐にチェックイン。
この後は宴会です。

魚

ニックネーム かつお at 10:30| Comment(62) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月20日

壱岐社内旅行 第1回:行きの航路

これより、
「壱岐社内旅行」本編をお届けいたします。
Iki_0197k.JPG
10月14日 金曜日、
8時30分に我が家を出発して、
9時30分に集合場所の
博多埠頭(ベイサイドプレイス)へ到着しました。
今回の旅行は、総勢27名でした。
Iki_0198k.JPG
こちらは壱岐までの切符。
切符は壱岐で下船時に回収されました。
Iki_0200k.JPG
九州郵船の「フェリーちくし」は、
博多港を出て、壱岐・郷ノ浦港を経由して、
対馬・厳原港へ向かうフェリーです。
Iki_0208k.JPG
こちらは私たちの2等船室。
みんな座ったり寝たりして過ごしました。
なお、私たちのグループは、
5人で小パーティをしました。
私の所は、もろエンジンの振動が響いていました。
Iki_0216k.JPG
10時ちょうど、フェリーは博多港を出港、
これから2時間20分の船旅です。
Iki_0230k.JPG
フェリーは博多湾を通り抜け、
(写真は福岡市西区の玄界島)
Iki_0239k.JPG
玄界灘を航行。
Iki_0217k.JPG
こちらはフェリーの救命ボートです。
Iki_0267k.JPG
12時20分、
イカ釣り漁船とすれ違うと、
Iki_0270k.JPG
フェリーは、壱岐・郷ノ浦港へ到着。
Iki_0271k.JPG
こちらは118番の広告です。
118番は海難事故・密漁など通報する、
海上保安庁の緊急番号です。
(警察の110番と同じ)
Iki_0279k.JPG
壱岐は雨でした。
これから、壱岐観光が始まります。

魚

ニックネーム かつお at 00:00| Comment(30) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

壱岐へ行ってきました。

昨日と本日の2日間、
Iki_0270k.JPG
社内旅行で、
長崎県の
壱岐へ行ってきました。
Iki_0267k.JPG
壱岐へ行くのは、今回が初めてでした。
Iki_0400k.JPG
お買い物や、
Iki_0596k.JPG
観光など、
2日間、楽しかったですよ〜!!!
Iki_0619k.JPG
詳しくは後日、
お知らせいたします。
Iki_0721k.JPG
こちらは、有名な壱岐牛の看板。
Iki_0802k.JPG
どうぞ、お楽しみに!!!

魚
ニックネーム かつお at 20:20| Comment(24) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

壱岐へ行ってきます。

本日と明日の2日間、
社内旅行で、
長崎県の壱岐へ行ってきます。
Iki_0270k.JPG
Iki_0596k.JPG
(写真は帰宅後編集して掲載)

詳しくは帰宅後、
お知らせいたします。

魚
ニックネーム かつお at 10:00| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

かつおの海外渡航歴

ここで、かつおの海外渡航歴を紹介いたします。
US06kp0499.JPG

US06kp0414Denver.JPG
私は、1990年まで、
香港、マカオ、フィリピン、韓国、
オーストラリア、英国を初訪問。
Chn_2797k.JPG
2000年まで、
ベルギー、オランダ、デンマーク、米国、メキシコ、
ドイツ、スイス、フランス、カナダ、イタリア、バチカン、
スウェーデン、ノルウェー、タイ、シンガポール、
マレーシア、フィジー、ニュージーランドを初訪問。
VN_0562k.JPG
昨年まで、中国、ベトナムを初訪問しました。
chn10_4428k.JPG
私は通算、26ヶ国訪問しました。
またトランジットだけの
台湾、バーレーン、インドを入れると、
29ヶ国に足を踏み入れたことになります。

しかし、兼高かおるさんや
イモトアヤコさんなど上には上がいます。
未だにアフリカ大陸、
南米大陸には上陸したことはありません。
可能な限り、たくさんの国々を訪問したいです。

魚

ニックネーム かつお at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

かつおの海外渡航歴

ここで、かつおの海外渡航歴を紹介いたします。
US06kp0499.JPG

US06kp0414Denver.JPG
私は、1990年まで、
香港、マカオ、フィリピン、韓国、
オーストラリア、英国を初訪問。
Chn_2797k.JPG
2000年まで、
ベルギー、オランダ、デンマーク、米国、メキシコ、
ドイツ、スイス、フランス、カナダ、イタリア、バチカン、
スウェーデン、ノルウェー、タイ、シンガポール、
マレーシア、フィジー、ニュージーランドを初訪問。
VN_0562k.JPG
昨年まで、中国、ベトナムを初訪問しました。
chn10_4428k.JPG
私は通算、26ヶ国訪問しました。
またトランジットだけの
台湾、バーレーン、インドを入れると、
29ヶ国に足を踏み入れたことになります。

しかし、兼高かおるさんや
イモトアヤコさんなど上には上がいます。
未だにアフリカ大陸、
南米大陸には上陸したことはありません。
可能な限り、たくさんの国々を訪問したいです。

魚

ニックネーム かつお at 21:40| Comment(20) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

鹿児島旅行2011、最終回:鹿児島から帰宅

3月19日(土)、15時過ぎ、
知覧の観光を終えた私たち夫婦は、

kagoshima11_6765k.JPG
知覧から鹿児島市内へバスで移動しました。
kagoshima11_6774k.JPG
途中、桜島が見えました。
(左側の薄っすら写っている山)
kagoshima11_6776k.JPG
16時30分、
鹿児島中央駅に到着したら、
帰りの新幹線に乗るまで、
kagoshima11_6702k.JPG
駅ビルで過ごしました。
kagoshima11_6778k.JPG
駅ビルにはビックカメラがありますね。
kagoshima11_6779k.JPG
駅のそばには、薩摩蒸気屋があり、
そこで名物「かるかん」を買いました。
kagoshima11_6790k.JPG
買い物が終わったら、
kagoshima11_6785k.JPG
17時58分発の「みずほ604号」に乗車、
kagoshima11_6827k.JPG
19時17分、博多駅に到着しました。
kagoshima11_6832k.JPG
博多駅では新しくできた、
博多シティに立ち寄りました。
(写真は博多シティにある阪急百貨店)

20時、我が家に到着、
kagoshima11_6834k.JPG
我が家付近で見たお月さまは、
満月でした

魚

ニックネーム かつお at 00:02| Comment(34) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

鹿児島旅行2011、第3回:知覧武家屋敷

さて、3月19日(土)、14時過ぎ、
知覧特攻観音の観光を終えた私たちは、
kagoshima11_6740k.JPG
徒歩で知覧武家屋敷を目指しました。
kagoshima11_6743k.JPG
道の途中には、卵の看板の、
たまごかけごはんの店がありました。

歩くこと約20分、
kagoshima11_6744k.JPG
知覧武家屋敷に着きました。
kagoshima11_6745k.JPG
入場料500円を払って入った武家屋敷群は、
とても静かなでした。
kagoshima11_6756k.JPG
こちらの屋敷では、
kagoshima11_6746k.JPG
なんと、
kagoshima11_6747k.JPG
ひな人形が飾っていました。
私たちが旅行した時は3月でした。
kagoshima11_6753k.JPG
次の屋敷は、
kagoshima11_6755k.JPG
ただ静かな庭園がありました。

帰りのバスに乗る前、私たち夫婦は、
kagoshima11_6763k.JPG
ロンドンバスがある英国館で、
紅茶とジャムを、
kagoshima11_6767k.JPG
お茶屋さんで知覧茶を
おみやげとして買いました。

魚

ニックネーム かつお at 10:18| Comment(40) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

鹿児島旅行2011、第2回:知覧特攻観音

さて、3月19日(土)、9時46分、
kagoshima11_6702k.JPG
定刻通り鹿児島中央駅に到着した
私たち夫婦は、
kagoshima11_6705k.JPG
10時22分、
バスに乗って知覧へ行きました。
kagoshima11_6705kb.JPG
それにしても鹿児島交通のバス、
鹿ナンバーでしたので、
相当の年代ものでした。
kagoshima11_6706k.JPG
また、バスの車内には、錆がありました。
kagoshima11_6724k.JPG
11時半過ぎに知覧に到着したら、
昼食後、特攻観音へ行きました。
kagoshima11_6721k.JPG
こちらの観音様は、太平洋戦争末期、
特攻攻撃で戦死した方々を
祀っております。
kagoshima11_6725k.JPG
お賽銭箱に星があります。
こちらは旧陸軍のマークです。

特攻観音の周囲には、
kagoshima11_6733k.JPG
特攻の母と呼ばれた、
鳥濱トメさんの銅像、
kagoshima11_6716k.JPG
戦時中使用された三角兵舎があります。
kagoshima11_6719k.JPG
三角兵舎は、戦時中、
敵の空襲対策で、
知覧飛行場の周囲にある林の中に、
設置されておりました。
kagoshima11_6718k.JPG
若き特攻隊員たちは、
ここで寝泊まりして、
出撃を待っていました。

兵舎にいた隊員たちは、
何を語っていたのでしょうか。
想像をするだけ胸が痛みました。

kagoshima11_6715k.JPG
こちらは、特攻観音のそばにある、
知覧特攻平和会館です。

入場料500円を払って見物した館内は、
特攻隊員たち直筆のお手紙や、
当時の軍服などが展示されております。
私たちが訪問した日は、
語り部の方のお話がありました。

語り部の方は現在80代の方で、当時は整備兵でした。
飛行機の話や、特攻隊員の思い出話を語ってくれました。

なお、館内は撮影禁止でしたので、
こちらをご参照下さいませ。

kagoshima11_6736k.JPG
また、構内には、
旧陸軍の戦闘機「隼」が展示しております。
kagoshima11_6737k.JPG
この機体は、2007年の映画、
「俺は、君のためにこそ死ににいく」
の撮影に使用されました。

魚

ニックネーム かつお at 09:00| Comment(30) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

鹿児島旅行2011、第1回:九州新幹線

それでは、2ヶ月前の今日旅行した、
鹿児島旅行の話題をお届けいたします。
kagoshima11_6790k.JPG
今回は全線開通した、
九州新幹線の話題です。

kagoshima11_6682k.JPG
3月19日 土曜日、
朝7時半に家を出た私たち夫婦は、
kagoshima11_6683k.JPG
8時15分過ぎ博多駅に到着、
8時27分発の「みずほ601号」に乗車しました。
kagoshima11_6688k.JPG
博多駅では、乗務員が交代いたします。
左はJR西日本右はJR九州の乗務員です。
kagoshima11_6692k.JPG
8時27分、定刻通りに出発した新幹線は、
途中、久留米駅を通過、
kagoshima11_6695k.JPG
熊本駅に停車しました。
kagoshima11_6696k.JPG
こちらは熊本-新八代間の風景です。
kagoshima11_6697k.JPG
9時46分、
定刻通り鹿児島中央駅に到着しました。

kagoshima11_6794k.JPG
今回の旅行は、
往復とも九州新幹線に乗車しました。
kagoshima11_6785k.JPG
帰りの新幹線は「みずほ604号」でした。
博多までは、
途中、熊本に停車の速達タイプの列車です。
kagoshima11_6792k.JPG
17時58分、鹿児島中央駅を出発して、
kagoshima11_6827k.JPG
19時17分、定刻通り博多駅に到着しました。
kagoshima11_6828k.JPG
博多駅には、九州新幹線限定の、
800系新幹線が停車していました。

今回の旅行で乗車した新幹線は、
kagoshima11_6694k.JPG
行きがJR西日本、
kagoshima11_6791k.JPG
帰りがJR九州のN700系新幹線でした。

車内メロディは、
JR西日本車が「いい日旅立ち 西へ」、
JR九州車が「九州新幹線のメロディ」でした。

魚

九州新幹線のひみつ
ニックネーム かつお at 20:30| Comment(40) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

3月の鹿児島旅行

去る3月19日 土曜日、
私たち夫婦は、
鹿児島へ旅行しました。
kagoshima11_6687k.JPG
本来は、3月中にお届けでしたが、
3月11日に発生した、
東日本大震災の影響で、
(東北地方太平洋沖地震)
延期していました。
kagoshima11_6702k.JPG
2ヶ月前の話題ですが、
今月中にお届けいたします。
kagoshima11_6715k.JPG
主な目的地は、
kagoshima11_6745k.JPG
鹿児島県の知覧でした。
(鹿児島県南九州市知覧町)
kagoshima11_6756k.JPG
今回の鹿児島旅行、
kagoshima11_6794k.JPG
九州新幹線全線開通のおかげで、
日帰りで行けました。
kagoshima11_6790k.JPG
どうぞ、お楽しみに。

魚

ニックネーム かつお at 09:10| Comment(34) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

対馬旅行:最終回対馬を出発

さて、比田勝の
韓国展望所見物が終わったら、
Tsushima_2743k.JPG
厳原を目指して、
1時間半のドライブでした。ビル車(セダン)魚あせあせ(飛び散る汗)


Tsushima_2757k.jpg
1時間半後、厳原に到着。
いきなりバスが目の前に!!!バスバスバス爆弾爆弾爆弾

厳原で食事をしようかと時計を見たら、
もう16時前、
Tsushima_2775k.JPG
飛行機の出発時間が16時30分なので、
ガソリンを入れて、
レンタカーを返して、
対馬空港へ向かいました。飛行機車(セダン)魚あせあせ(飛び散る汗)

Tsushima_2797k.JPG
飛行機には運よく搭乗できましたが、
時間の都合上、
みなさまのおみやげを
買い損ねました…がく〜(落胆した顔)

職場、およびソフトバレーメンバーのみなさまへ、
この場を借りてお詫び申し上げます。

なお、今回搭乗した旅客機は、
ANA(エアネクスト)のボーイング737-500で、
行きも帰りも同じ機体でした飛行機(JA358K)

Tsushima_2814k.JPG
6月29日(火)17時、
福岡空港に到着。飛行機魚
福岡は雨でした…雨雨雨

今回の対馬旅行、
対馬滞在時間は、6時間。
食事なしの短い旅行でした。

魚

福岡空港での特ダネ!!!
ニックネーム かつお at 08:30| Comment(26) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

対馬旅行:第2回対馬という島

さて、韓国展望所の観光を終えて、
お金が足りなかったので、
ふもとの郵便局へ行きました。郵便局ATM¥
Tsushima_2717k.JPG
鰐浦郵便局
韓国に近い郵便局です。郵便局ATM¥

さて、郵便局の左側には、
このような車両が駐車していました。駐車場

Tsushima_2708k.JPG
「46-6477」
「電話番号ですか?」と、
職場の若手社員が聞いてきましたが、
こちらは自衛隊のトラックです。駐車場
Tsushima_2697k.JPG
韓国展望所の目の前に、
航空自衛隊のレーダー基地があります。
自衛隊の車両は、
航空自衛隊の所属です。
Tsushima_2710k.JPG
送迎バスも駐車していました。駐車場駐車場
日野の大型バスは、
自衛隊ナンバーですが、
右隣の三菱ふそうのマイクロバスは、
民間(長崎)ナンバーでした。駐車場駐車場
自衛隊のごく一部の車両は、
基地がある都道府県のナンバーを付けております。

Tsushima_2712k.JPG
こちらは今ではなかなか見れない、
ボンネット型トラックですよ〜!駐車場駐車場駐車場
郵便局、消防団車庫のそばに、
自衛隊の車両が駐車していること自体、
本土では考えられませんが、
近所に自衛隊の車庫が隣接している所は、
全国探しても対馬ぐらいでしょう!目目目
Tsushima_2765k.JPG
対馬は周辺諸国に近いせいか、
自衛隊が多いです。
陸海空自衛隊と海上保安庁が、
常駐しております。
Tsushima_2721k.JPG
こちらは比田勝港の
海上保安庁巡視艇です。

最近、ある周辺諸国の人々が、
「対馬はわれわれの領土だ!」と、
主張しておりますが、
Tsushima_2767k.JPGTsushima_2727k.JPG
対馬は長崎県です!
わが国の九州地方です!
決して大韓民国、
中華人民共和国の領土ではありません。


けど、対馬は韓国に近いせいか、
韓国語の看板が目立っております。

Tsushima_2726k.JPG
こちらの観光地図は、
完全に韓国語版です。ひらめきひらめきひらめき
Tsushima_2664k.JPG
Tsushima_2725k.JPG
Tsushima_2718k.JPG
案内の看板にも、
韓国語が併記されております。ひらめきひらめきひらめき
Tsushima_2730k.JPG
こちらの電器屋さんの隣の店、
韓国語の看板だけでした。ひらめき
何の店かはわかりませんでした…

Tsushima_2745k.jpg
また、対馬は韓国からの観光客も多いです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
わが国本土からよりも、
韓国からの観光客が多いそうです。わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
韓国人の青年、
私のカメラに気づいて手を上げていますね!!!わーい(嬉しい顔)カメラ

対馬レポートは次回も続きます。soon

魚


ニックネーム かつお at 08:20| Comment(34) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

対馬旅行:第1回韓国に近い島

先週、6月29日 火曜日、
私は日帰りで対馬へ旅行しました飛行機魚虹

Tsushima_2648k.JPG
午前9時に福岡空港へ到着、
10:00発の全日空4933便で、
対馬へ行きました飛行機魚虹

Tsushima_2652k.JPG
その日は雨で、天候調査中でした。
アナウンスによると、
「対馬空港へ着陸できない場合は福岡空港へ引き返す」という状態でした。

Tsushima_2658k.jpg
午前10時ちょうど、福岡空港を出発、
離陸は10分後でした飛行機魚虹
飛行機はわが家の上空、
壱岐を通過してから…

Tsushima_2661k.jpg
10時35分、
対馬空港へ到着しました飛行機魚虹
飛行時間は20数分の、
短いフライトでした飛行機魚虹
当然、飲み物サービスはありませんでした。
(運航規定による)

Tsushima_2665k.JPG
対馬空港へ到着したら、
すぐトヨタレンタカー
レンタカーを借りました車(セダン)魚

Tsushima_2673k.JPG
私のレンタカーは、トヨタ・ヴィッツでした車(セダン)魚
対馬は長崎県なので、
車は長崎ナンバーです車(セダン)魚

Tsushima_2663k.JPG
対馬は、九州と韓国の間にある、
長崎県の島ですひらめきひらめきひらめき

長崎県では最大の島で
大きさはシンガポールの国土面積と同じですひらめき
東西には18kmですが、
南北には100Kmと長い島です
ひらめき
Tsushima_2679k.JPG
Tsushima_2681k.JPG
対馬は、以前は厳原町、美津島町、豊玉町、
峰町、上県町、上対馬町と6市町村ありましたが、
「平成の合併」で、2004年3月1日より、
対馬市となりましたひらめきひらめきひらめき

路上の標識や看板は、
かつての市町村名のまま表示されているものもありました。


さて、対馬空港を
10時50分出発した私のレンタカーは、
北上して対馬北部の
比田勝、韓国展望所を目指しました車(セダン)魚

Tsushima_2672k.JPG
対馬空港を出てすぐの所に、
万関橋がありますひらめき

Tsushima_2670k.JPG
真下には万関瀬戸がありますひらめき
地図を見ると、
対馬は2つの島のように見えますが、
もともとは1つの島でした
ひらめき
Tsushima_2671k.JPG
約100年前の明治時代に、
島で狭い陸地であった万関橋付近で、
艦船を通すために万関瀬戸が開削されましたひらめき

万関瀬戸は運河のような存在です船
現在は地元の漁船が通過しております船
なお、撮影時には漁船の通過はありませんでした…


Tsushima_2685k.jpg
対馬のドライブは風光明媚でした車(セダン)魚
海辺があったり、

Tsushima_2738k.jpg
山道だったり、狭かったり、
Tsushima_2742ki.JPG
ツシマヤマネコの生息地も通過しました車(セダン)魚

Tsushima_2714k.jpg
対馬空港を出て1時間半後、
北の果ての韓国展望所へ着きました車(セダン)魚

Tsushima_2688k.jpg
Tsushima_2690k.JPG
門と展望台は、
韓国風の建物です
目

Tsushima_2658k.jpg
こちらが展望台から
韓国・釜山市の方向の風景ですひらめき
この日は曇りだったで、
韓国は見えませんでした…
この展望台から韓国・釜山市までは、
約49・5kmの距離があります
ちなみに対馬から福岡までは、約150kmありますので、
いかに韓国が近いかがわかります。
また対馬は、朝鮮半島(=ユーラシア大陸)に近い、
わが国の国土でもありますひらめき


また、目の前の対馬海峡は、
わが国と韓国との国境のほか、
日本海と東シナ海との境界でもありますひらめき
写真の右側が日本海、
左側が東シナ海ですひらめき

Tsushima_2693k.jpg
展望台の中には、
韓国・釜山市の夜景が写っている、
写真が展示されています夜カメラ


さて、対馬では、
本土では見られない風景もありましたカメラ
こちらは次回紹介いたしますsoon
カメラカメラカメラ

魚


ニックネーム かつお at 09:52| Comment(44) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする